「日に焼けるまで」この漫画読まなきゃ損と感じる3つの魅力紹介

 

魅力その1

日に焼けるまでは、幼い頃から知っている従兄弟と

異性の体はどんなものか?

という興味本位で体を触り合う遊びをはじめてしまうという

いけない関係が魅力となっています。

 

そのいけない関係を2歳年の離れた姉弟に見られながらも感じてしまう

姉弟が従兄弟とやっているのを見てドキドキしてしまうため

近親相姦に発展してしまうのではないか?

という雰囲気のなかでどんどんとハードになっていく従兄弟同士との絡みや

姉弟からの危うい視線は必見です。

 

 

魅力その2

ノスタルジックな雰囲気のなかで繰り広げられる

日に焼けるまでは、親たちには言えない秘密の関係は失われた記憶を

覗き見させられているような背徳感を抱くことができます。

 

夏休みに繰り広げられるほんの一時の情事

という雰囲気の絡みにはエロいだけではなく

切なさのようなものを感じられる

魅力的な見せ方で描かれています。

 

 

魅力その3

4人全員がセックス未経験

異性の体に対しても興味が高まっているなか

親たちが外出中に昔ながらの家屋で

観察するように性器を触りながら

こんな風に感じるのかと感じながらも興奮していく

リアリティーさは圧巻です。

 

まだまだ幼くて

昔から変わらない仲良しの従兄弟同士だと親同士は思っているものの

親たちの目を盗んでは

背伸びした関係を繰り広げる背徳感が魅力です。

 

日に焼けるまで 第1話 「みんなでちょっと練習してみん?」姉は従弟と、僕は従姉と
日に焼けるまで 第1話ネタバレ 姉は従弟と僕は従姉と

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です