日に焼けるまで 第8話ネタバレ (最終話)結末はどうなる?

日に焼けるまで 第8話サブタイトル
第8話 「もしかしてお姉ちゃんのこと…」そして日焼け跡が癒える頃には

 

 

「日に焼けるまで」第8話~あらすじ感想~

まだ学生服を着る年齢の4人の従姉弟同士は

久しぶりに夏に集まったことで

セックスの練習を互いの姉弟で行うことになるのでした。

 

親には絶対に内緒の従姉弟同士の関係。

一度関係を持ってしまうと4人はセックスの悦びを感じてしまい

川原で水遊びを終えたらまたしてもセックス最スタートです。

 

卒業をしたら嫁にすると従弟のたけるに言われた姉の涼音は

その申し出を受け入れてしまい

それを横で見ていた従姉の愛実はヒロの上にまたがって

積極的に腰を動かすのでした。

 

仲良さそうに草むらへと消えていく姉とタケル。

 

 

 

 

それを見ている弟が寂しそうにしていることに気づいたのか

愛美は「ヒロちゃんって涼音ちゃんのこと好きだった?」

と聞いてしまいます。

 

そしてヒロにあるお願いをしてしまうのでした。

 

 

「日に焼けるまで」第8話~ネタバレ感想~

相変わらず愛実の積極的な感じにはドキドキします。

 

上にまたがって動くから好きなときに出して

なんて言われたら男は嬉しいでしょうね。

 

方言でずっと好きだった、じゃなきゃこんなことに

誘わないって本当なのかどうなのか分かりませんが

互いに結婚を約束してしまう感じは

本当に互いのことが好きだったのかなと

 

4人の関係がセックスだけという感じでもなさそうなので

いいのかもしれません。

 

日に焼けた愛実の裸体はリアルなティーンという感じで

好きな人にはたまらないショットで描かれています。

 

 

 

来年もまたという言葉が守られるのか

気まずくなって会わなくなってしまうのか分かりませんが

 

最後の4人のセックスは愛実とヒロがメインと為りましたが

なかなか濃厚なものだったと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です